読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわらび家飲み塾

~きょうの気分は?~

ジャパニーズ・オムレツ?

塾生(吉岡)

飛行機はソフィアに到着した。空港の建物の上に看板が出ている。

СОФИЯ

コ???、NとRが裏返しになっているし、とんぼか蝶々みたいな字は何だろう。これでソフィアと読むのか?一国の首都の空港が、まるで、ローカル空港のようだ。

イミグレーションを通り外へ出ると、若い男が近付いてきた。「山西さんですか?」ちょっとたどたどしいが日本語である。ストコフと名乗ったあと、今日はソフィア泊まりだから、ホテルに案内すると言う。

工場の建設現場へは明日案内すると言う。

迎えにきていたバスに乗り込む。ベンツのマークがついたバスだ。車窓には田園風景が広がる。30分ほど走ると市街地に入った。バスは石造りの重厚な建物の前に止まった。

ホテル・バルカン。

f:id:sawaravie:20161203184710j:plain

ストコフがレセプションで話していたと思うと、キーを二本持ってきた。案内された2階の部屋は、天井が高く広い。ベッドはダブル。立派なものだ。

ベッドに横になってみると、バネが弱い。真ん中がへこみ腰が曲がって落ち込んでしまう。これでは、腰を痛めてしまいそうだ。

いつの間にか寝ていたらしいのだが、電話のベルに起こされて、受話器を取ると久保田さんから食事へ行こうという誘いだった。

ΡΕСΜΟΡΑΗΜ ペクモパーム? これでレストラン? メニューを見ると、Japanese omeletteとある。二人ともこれを注文した。出てきたのはオムライスだった。

吉岡記

ネットで見ると、ホテル・バルカンは現在シェラトン・ソフィア・バルカンとなっている。ずいぶん、設備がよくなって、バスタブの栓も完備されているに違いない。ただ、オムライスは昔のままかも知れないが。

きょうの気分はピリッと辛いものを食べたくなり「マグロのユッケ風」「ニラチヂミ」「キムチ」に炭酸の利いた「マッコリ」で

f:id:sawaravie:20161203184857j:plain

マッコリは口当たりがよく、ついつい一本空けてしまう。

 

本屋の店長:本野六四三郎のブログはこちら↓ 宜しくお願いいたします。

     
 クリックして頂けると励みになります。宜しければお願いします。