読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわらび家飲み塾

~きょうの気分は?~

殺芋事件

本田千秋です。 

今日は、東京では11月の降雪が54年振り、箱根は一面銀世界、気温も1℃と、冬真っただ中のようなお天気です。

11月の第4木曜日の今日は、アメリカの感謝祭(Thanksgiving Day)ですね。七面鳥を食べることから、またの名を「七面鳥受難の日」とも言われているそうです。以前、ブッシュ大統領時に、ある七面鳥が恩赦をうけているのをニュースで見ました。ユーモアのある話ですよね。

話かわり、わたし知床の近くの斜里というところにある「じゃがいも農園」から、野菜を頼んでいます。夏は粒がそろった美味なとうもろこし:恵味ゴールド(黄)と雪の妖精(白)が送られてきて、とても楽しみにしています。秋から冬にかけては「人参・かぼちゃ・じゃがいもや玉ねぎ」などが送られてきます。

 f:id:sawaravie:20161123195723j:plain

 今回はたくさん「じゃがいも」が送られてきて、それを見たダーリンは「今夜も肉じゃが・・」と、ボソッと独り言のように呟いているのが聞こえました。

「今夜も?も?」・・そうですか。料理のレパートリーが少なくて、すみませんねぇ~と少々ムッとしながらも、ネットで献立検索をしてみると、「じゃがいものガレット」、平たく言うと西洋風お好み焼きを作ることにしました。

じゃがいもをスライサーでさっさと千切りにして、フライパンにオリーブオイルを入れて、じゅ~じゅ~と炒め焼いていきます。焦げ目を出来てきてなかなかいい感じ~♪と思い、ガレットを裏返して両面をこんがり焼こうと思い、で、ここで、今から思えば、冷静に考えたらわかることなのに、やめときゃいいのに、無謀にもフライパンのガラス蓋にひっくり返し、それをお皿に入れ、フライパンに戻そうとしました。

そら、ガラス蓋は湾曲しているし、ガレットが乗ったら重たいし・・そうです。悲劇は起こるべくして起きました。

ガラス蓋に乗り損ねた「じゃがいものガレット」は、火が燃えさかるコンロ一面に落下、メラメラと焼かれていきます・・殺人ならぬ殺芋事件発生です。千切りにしたじゃがいもがあたり一面に散乱し・・・おかげさまでコンロ周りがきれいになりました。

思わぬところでコンロの大掃除をしたきょうの気分は「カレー」に「赤ワイン」で

f:id:sawaravie:20161123195746j:plain

「肉じゃが」と「カレー」って、調味料だけの違いだけなのは我が家だけでしょうか・・

     
 クリックして頂けると励みになります。宜しければお願いします。