読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわらび家飲み塾

~きょうの気分は?~

「ちょいと」婆さん

笛寺だ。 

sawaravie.hatenablog.com

これは、同僚から聞いた話だ。

青鷺が飛来する三好川から800メートルほど東に天中川という幅約7メートルの川がある。去年の暮れまで、この川は猪天国だった。二組の猪の家族7頭が毎日姿を見せていた。

f:id:sawaravie:20160828174329j:plain

この川、深さ3メートルほどの堀割になっており、その底に7頭がたむろしている。そのため、人と猪がじかに接触することはなく、幼い子供でも安心だった。だれもが川の両側に設けられた手摺越に見ているだけで、特に生まれて一、二ヶ月の縞しまの瓜坊(うりぼう)の時などは人だかりができるほどに見物人で賑わった。

f:id:sawaravie:20160828185455j:plain

しかし、時々不届き者がいてビニール袋いっぱいの食パンの耳を川底目掛けて投げ込む。中には食パン丸ごと投げ込む輩(やから)も現れた。もちろん、至るところに、「猪に餌を与えないでください」という役所の標示があるが、そんなことはお構い無し。

あるとき、同僚が、食パンを投げ込んでそそくさと立ち去ろうとしていた婆さんに、注意した。すると婆さんは、臆面もなく反論してきた。同僚によると、その婆さん、

ちょいと、あなたね」と手招きしてから続けたそうだ。

「市役所の担当部署に電話で訊いたら、食べるものがないのは可愛そうだから、餌をやってもらって結構です」と言われたと言うのだ。そんなはずはないと、同僚は食い下がったが、

ちょいと、あなた、なにを言ってるの、餌がないと可愛そうでしょ」と、平然と帰ってしまったというのだ。なんと手前勝手な言い分だ。話を聞いているだけでむかむかしてくる。しかし、ここはぐっとこらえて。

きょうの気分はほたるいか」と「冷凍たまごのネギ玉」に「冷酒」で。

f:id:sawaravie:20160828191628j:plain

今日は湿度が高くてムシムシする夜だ。台風10号の影響だろうか。

   
クリックして頂けると励みになります。宜しくお願いいたします。